波に乗る行為

海で学ぶ

波に乗ることを人生に例えることは多くあり実際海にいる時にもそう感じ普段の生活に照らし合わせて考えていることがあります。

まず波が来るまでのことを波待ちと言いますが、この待ってる時間も色々奥深いです。波ってそんな頻繁に来る訳でもなくサーフィン中ボードにまたがって波待ちしてる時間の方が長いです。この時にどれだけ集中してるかで多くの波に乗れるかどうか分かれます。潮や風で波待ちしてるポジションずれたりするから常に意識することやいざ波が来た時に素早く対応出来るように準備する必要があります。ボッーとしてる人や友人とおしゃべりしてる人はその瞬間を見逃すことが多いです。準備することの大切さ。当たり前のようなことですが、日常生活にも結び付くことが多いです。

あと波が来ないことでイライラする方もいますが、メンタル的にも平常心が大事。チャンスを逃さない為にも集中力が必要です。

それと波のあるポイントまで行くことゲッティングアウトと言いますが、波を迂回したり波を越えたりして波の向こう側に行く必要があります。その時、初心者の方は波に撒かれてなかなか思い通りに行けない時があります。波の手前の所をインサイドと言いますが、波や潮の流れでインサイドに捕まることは多々あります。頑張ってアウト(波の向こう側に)にパドリングしても出れないってことはサーフィン経験者なら誰でもあるはず。波の向こう側に行ければ楽になり後は波を待つだけなんだけど、そのアウトに行くのが結構大変なんです。

インサイドに捕まってる時にもがき苦しんでいますが、まさに人生そのものって感じがします。闇雲に泳いでも仕方ないので周りをよく見て沖に出やすい場所は必ずあるのでその場所をしっかり確認して正確にパドリングして行けば沖に出れます。インサイドに捕まると慌てることが多いですが、冷静になり俯瞰で見ればなんてことはないことが多いはず。

あと波がある時しか波乗りは出来ませんがその前の準備はたくさん出来ます。折角いい波が来ても体力不足で1時間しか出来ないって勿体無い。そんなことがないよう普段からパドリングや水泳、息こらえの練習も役に立ちます。

最後にサーフィンってほんと難しいです。だからこそこのスポーツにのめり込んでやり続けてる人は大概のことは出来るように思います。うまくなるまで時間がかかり過ぎるのでそれほど根気がある人なら大抵のことは大丈夫。って信念を持ってください。道は開かれます。

こういったことをもっと詳しく語源化してわかりやすくしてる本がこちら。サーフィンの神様と言われるジェリーロペスさんのお言葉。サーファーならみんな理解できることばかりでそうでない人も共感できることもたくさんあります。興味のある方はぜひご覧ください。翻訳は友人の岡崎友子さんです。

サーフリアライゼーション―サーフィンの神様、ジェリー・ロペスが綴るライフスタイルストーリー
サーフリアライゼーション―サーフィンの神様、ジェリー・ロペスが綴るライフスタイルストーリー

コメント