SUPでダウンウインド

SUP

ダウンウインドってわからない方が多いと思いますが、読んだままで風に乗って降っていくことです。風によってうねりが発生してそのうねりにSUPで漕いで乗り継いでいく遊びです。サーフィンとはまた違った感覚ですが、うねりに乗り続けることでサーフィング出来るからこれも立派なサーフィンだと思います。

このダウンウインドを楽しむにはまずしっかりパドリングが出来るってことが前提です。そして使う道具もレースボードと言って12’6フィート以上の長さがあった方がうねりに反応出来ます。短いボードだとうねりに合わせれないから加速出来ないから面白さが全く感じられません。

左は14フィート 右は12’6フィートでこれ位のサイズのボードがダウンウインドに適しています。

波長に合わせてパドリングし加速してスピードを出してまた次のうねりに乗り継いで行く。ダウンウインドって地球規模で遊んでるようにいつも感じます。サーフィンのように同じ場所ではなく沖合でやるのでその景色も最初は圧倒され緊張しますが、広い海で遊んでる感が半端無いです。

興味があるからはまずはしっかりパドリングを覚えてからチャレンジしてください。普通なかなかダウンウインドやってる所は少ないですが、うちではボートも使用するから並走して安全確認しながら出来るのでオススメです。しかも無線でやり取りしながらなのでリアルタイムにアドバイス出来ます。

詳しくはこちらご覧ください。

コメント